ざれごとだけでは駄目だね。



あぁ、疲れた

あぁ、疲れたなあ。

昨日の花火大会では
始めてみるとゆう人が雨が降ったために僕達から人混みのなかではぐれてパニック状態になってしまった。
こともあろうにその男の子は
「何で待っててくれなかったの?ぶん殴ってやる!」などとキレました。
もう一人の男性に対して
「怖いね。もう、帰ってもいいよ。なんか悪かったね。本気で殴る気なんかないだろうから大丈夫だよ。」
などと言いながらその男の子のいるところまでふたりして雨が降る中を迎えに行きました。その距離はわずか1キロ足らずなのに~~
僕達は「雨が降ってきたから雨宿りを出来るところに移動してたんだよ。何も言わずに場所を変えてしまったのは悪かった。それは認める。ごめんなさい。でも、僕達が居なかったら、君から電話してくれるだろうと思って待ってたんだよ。次からは落ち着いてよく考えてから行動してね。」

「でも、何で僕ばっか、そんな役ばかり、なんで?僕ばっか。僕ばっか。僕ばっかが損ばかり。」

僕の心の声(はぐれてしまう原因となったみんなが飲むジュースを買ってきてくれるってのはどうなったんだよ。あぁ、Where is My Money)

この会話が出来る状態になるまで、つまりはその男の子を捜し出すのに40分位掛かりました(T_T)
結局は三人とも雨に濡れました。

その男の子
「これから、○○駅からお婆ちゃんの住む○○駅までに行くのに路面電車の時間もJRの時間も調べていないんです!!」
と、怒ったような口調で言われました。

僕は「その位は事前に調べとけよ。」
ここからは僕の心の声(俺に怒られても知らんよ。JRの電話窓口が9時で終了なのも俺のせいじゃないよ!)
もう一人の男性
「………………。。」

「悪かったところは認めるけど、ごめんなさいですけど、電車が無くなるかも知れないから、もう、帰りなさい。」

男の子
「なんだよ!その言い方!!」
もう、ひとり男性
「………………。。」僕
「じゃあ、好きにしなさい!!」


三人
「………………。」
「………………。」
「………………。」


その後で彼を路面電車に乗せて駅に向かわせました。

僕の心の声
(そろそろ駅に着いたかな?ホームを間違えずに行き先に着く電車に乗れたかな?)
と、待つこと15分
電話をしてみるが出ない。

(大丈夫そうだな。帰ろう。歩きで(T_T)もう、ひとりの男性には先に帰ってもらったから、ひとりで(T_T))

し、しかし、更に大変なことが、僕を待ち受けていたのです。
その事でこれから交番にいかんといかんのだけど

書いてるだけで疲れて来ちゃったから、続きを書こうか書くまいか、、、、、、、、、、
[PR]
by nobu77n | 2009-08-02 15:27 | ざれごと
<< 愛 アベフトシ >>


My Life is Like a Trifling Joke
カテゴリ
全体
社会
ざれごと
気分障害
自然
ぼやき
友人
喜び
未分類
自己紹介
23歳の時、神経症と診断とされました。  
現在、気分障害~抑うつ状態
趣味 ひたすらに食うこととひたすらに寝ること
人と接すること   自分の生活を周りの人と共に楽しむこと

以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
疲れましたわ。
at 2013-03-05 19:52
悲しいわけすらないけれど。。。
at 2013-02-11 20:02
久しぶり
at 2012-12-14 17:06
疲れた
at 2012-11-20 07:05
職場体験
at 2012-10-25 10:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧