ざれごとだけでは駄目だね。



失われた、喪失感を求めて。

僕は働いている。

認知障害を抱えながらも、独り、必死にもがくようにね。

下り列車に乗ったまま、今の仕事を続けていくだろう。

腹いっぱいの飯が食いて~からな。



僕には仕事がある、女もいる、頑張って生きてきた両親が残してくれた金もある。それでも、空腹なのは何故なんだ?

僕は君たちを愛している。

それだけでは満たされない、この空虚は僕に根付いた悪魔だ。

まるで、下り列車に乗ってる気分だ。

親父が死にそうな時に、東山の氏神神社に兄貴と一緒に参ったことがある。

兄は、親父が緊急入院してから、毎晩、、そこの神社を参いっていたそうだ。

そこから見える、高級マンションを見上げながら、兄貴は言っていた。

「あそこに住みたいと思ってたことがある。幸せがいっぱい詰まってそうだからな。ヘヘヘヘヘー」

それを聞いた時には、やっぱり、兄弟なんだな~と実感したよ。

貧乏だったよな?

貧乏だったよな?

今よりも、もっと、金はなかったけど、金がないことよりもの幸せがあったよな?

違うかな?



まあ、そんな、劣悪な環境に育った兄貴が大麻に興じていたことは、ここだけの内緒にしておいてあげるよ。

だって、やり切れないほど貧乏だったんだもん。







[PR]
by nobu77n | 2012-01-30 13:08 | ざれごと
<< ゆうべ 今日 >>


My Life is Like a Trifling Joke
カテゴリ
全体
社会
ざれごと
気分障害
自然
ぼやき
友人
喜び
未分類
自己紹介
23歳の時、神経症と診断とされました。  
現在、気分障害~抑うつ状態
趣味 ひたすらに食うこととひたすらに寝ること
人と接すること   自分の生活を周りの人と共に楽しむこと

以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
疲れましたわ。
at 2013-03-05 19:52
悲しいわけすらないけれど。。。
at 2013-02-11 20:02
久しぶり
at 2012-12-14 17:06
疲れた
at 2012-11-20 07:05
職場体験
at 2012-10-25 10:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧