ざれごとだけでは駄目だね。



カテゴリ:社会( 10 )


疲れた


[PR]
by nobu77n | 2012-11-20 07:05 | 社会

少し疲れた。。。

今日は暑かったですね。
午前中に診察に行ってから仕事に行ったから、いつもの火曜日より疲れました。
病院では診察代を払う時にお金をごまかされて、取られたと思い込んだお爺さんが大声出してた。

文句をいわれた職員はことの顛末がわかった後に患者さん相手に意固地になって、待合室全体に聞こえるように、奥の部屋からわざわざ出てきて大きな声で「ウソを吐いてたんじゃ!!」だってよ。

本人は勘違いしただけだろう?

お互い、お笑わい草だな。

まあ、どっちもどっちだな。

仕事は案の定、しんどくて、あまり、動けずに、よくない一日でした。



[PR]
by nobu77n | 2012-07-17 19:58 | 社会

老いて尚

老いて尚、青いな。
好感が持てる(>_<)


[PR]
by nobu77n | 2012-07-01 19:18 | 社会

何度でも

原発の再稼働は必至
シリアで死人が増えるのも必至
でも、僕たちは何度でも、何度も、だめになってはそれに学びを得、生きていく。

それを肝に命じておけば、いつかは今より、もっと良くなるさ。

期待してるぜ!!

ず~~っと先の未来を


[PR]
by nobu77n | 2012-06-10 20:51 | 社会

ムカツク

自分にも、他者にも、世の中に対しても、対してもムカツク人生送ってま~す♥

最近、一番ムカついたのは、テポドンが撃ち落とし不可能なくらいにヘタレだったことで~す♥

その、ヘタレな弾道ミサイルの為に、自衛隊の兵器を民間輸送する​とゆう、実績を作らせてしまった。

しかし、世界の情勢を覗き見る限りでは、やはり、軍事力は必要な​のです。
ムカツク話ですよ。



[PR]
by nobu77n | 2012-04-18 05:25 | 社会

芝浜

これを見てしかと自分の足もとを見つめてほしい。

これを見て笑うしか出来ない奴を信用しない。

自分の事を言ってるのとは思わないか?
とくと見ろ!!!










[PR]
by nobu77n | 2011-12-13 21:27 | 社会

病身舞



障害者雇用枠で今の仕事に就けたので、世界の障害者雇用施策について検索してたら、朝鮮半島の「病身舞」これが出てきた。

明の時代から、清王朝、ロシア、旧ソ連、そして日本に支配され続けてきた忌まわしい朝鮮半島の歴史がこの人たちを更に弱い者に対する差別感情に駆りたてるのか?

それにしても酷いな。

北朝鮮や韓国の人のにも心ある人はいると思いますが、その方々の中にもこの伝統芸能?に対する行きどうりを感じ、ましてや障害をもった朝鮮人として産まれてきた方々には、行きどうりすら超えたものであることは結うまでもありません。

日本だって、2006年に精神障害者の雇用施策が取りなされたばかりなのですから。

僕は、僕のささやかな仕事を頑張るだけです。



下の曲は昨日仕事帰りのカラオケボックスでMちゃんが歌ってた歌で~す!



次は僕の気分にピッタリ。

ヒロトってバンドで成功してなけりゃ病気になってそうだよな。
とにかく、枠に縛られたいてはこれよりもっと狂ってそう。


[PR]
by nobu77n | 2011-11-10 15:26 | 社会

a










[PR]
by nobu77n | 2011-07-10 08:31 | 社会

本当は

自分が出来ると思い込んでいる、明らかな、馬鹿に嫌味を言われて馬鹿なふりして、合わせてやるのも疲れるよな。








投稿しながら、いま改めて、気付いたけど、リードギターをストーンズに加入する前のロニー・ウッドが弾いてる(>_<)。

初めてこの曲を弾いた時の僕はまだ、十代で、彼は憧れのスーパースターだったけど、今、見ると可愛いギター少年だわ。
映像の記録ってすごいね!
時空を超えて個人の記憶まで変換することが出来る。
[PR]
by nobu77n | 2011-06-17 19:12 | 社会

ホッと・・・?

タンポポが無事にオープンして一週間が経ち、ホッとした束の間にスタッフの二人が今月で辞めたいと申し出てきました。

あと、中々、おっつきませんが、パソコン教室にもシブトク通っています。

タンポポが落ち着くであったであろう、来週から、兄の仕事の手伝いと用事を済ませようと思ってたんですが、もう一週間、タンポポの手伝いをすることにしました。

辞める二人は無責任だと思います。
辞める二週間から一カ月前に辞意を伝えるべきだし、辞めたい理由の「移転前と全く同じにしてもらわなくちゃ困る」とゆうのも、土地が変わり、店の広さも変わり、新しいメンバーも加わったとあれば、当然、やり方も指導の仕方も変わってきます。

福祉の専門の人ではない為か、「ここは障害者の施設なんだから、対応が遅れたり、間違ったりすることがあることをお客さんやご近所に予め伝えといてほしい。」とゆうのも、自分たちの調理の遅れやメンバーの失敗を自分は「補えない」「補いたくない」と言っているように思えました。
結局、数年いてもメンバーが頑張っていないとしか思えなかったようです。
出来ることなら、移転して一週間で辞めることなく、もう少し、理解する努力をして欲しかったです。僕も自分達のことをチャンと説明できる言葉を持たなくてはなりませんね。


話は変わりますが、タンポポや兄の会社の手伝いをしながら、パソコン教室を修業したら、どこかで働きたいです。
最近では、自分の体力やサイズの小ささを感じる事が多いですが、そんな自分でも、頑張れる場所を増やしたいと思っています。

曲は、レッチリ時代のジョン・フルシアンテがボーカルをとった How Deep is Your Loveです。
カバーですが、かつて、重度の薬物依存に陥っていた彼が愛について歌っているなんて、聴いてるだけでホッとします。

事情が異なりますが、僕も薬に頼らないでもすむ認識をいつかは獲得したいです。


[PR]
by nobu77n | 2011-05-28 22:22 | 社会


My Life is Like a Trifling Joke
カテゴリ
全体
社会
ざれごと
気分障害
自然
ぼやき
友人
喜び
未分類
自己紹介
23歳の時、神経症と診断とされました。  
現在、気分障害~抑うつ状態
趣味 ひたすらに食うこととひたすらに寝ること
人と接すること   自分の生活を周りの人と共に楽しむこと

以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
疲れましたわ。
at 2013-03-05 19:52
悲しいわけすらないけれど。。。
at 2013-02-11 20:02
久しぶり
at 2012-12-14 17:06
疲れた
at 2012-11-20 07:05
職場体験
at 2012-10-25 10:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧