ざれごとだけでは駄目だね。



<   2009年 11月 ( 37 )   > この月の画像一覧


親を大切に出来る人間は必ずや幸せになれるってゆうか、親を大事にしようと想う、その心持ちこそが、その心を抱いた瞬間こそが、その人自身にとって最も幸せな瞬間なんだろうとつくづく想います。
[PR]
by nobu77n | 2009-11-29 19:43 | ざれごと

内藤大助対亀田興毅

いや〜〜、今夜、イヨイヨ、運命の試合が行われます。

計量の際に目を合わせなかった内藤に対して興毅は
「チャンピョンはシュンとしてたね。気い弱いんちゃう?」
なんて、マスコミにリップサービスしてたけど
内藤は
「今から、気合いを入れててもしょうがないもしょうがない。試合直前まではリラックスしてリングに上がったその瞬間にハッチャケればいい。」

う〜ん。なるほど。
キャリアの長いチャンプのゆうことは参考になる

物事をはじめる前から必要以上に不安になって緊張し、いろんなことから逃げたり、構え過ぎて失敗ばかりをしていた去年までの自分に言ってやりたいよ。
[PR]
by nobu77n | 2009-11-29 09:27 | ざれごと

タンポポにも厳しい人がいます。

今週の水曜日のタンポポで僕と貴婦人との会話


「入院中に気になる看護師さんがいました。」

貴婦人
「あら〜。彼氏がいるに決まってるじゃない。」


「そうでしょうね。」

貴婦人
「のぶさんは自分を何才だと思ってるの?看護師は仕事もお金も持ってるのよ。車で迎えに行って、なにか、花束でもプレゼントして、フレンチとまではいわなくてもイタリアンぐらいは奢ってあげられるの?」


「居酒屋で割り勘ではダメでしょうか?」

貴婦人
「ダメに決まってるじゃない〜〜!!」


「やっぱりそうですか?」

貴婦人
「決まってるじゃない!!」

「はい。」

この時点で充分に得心をしている僕に更なる追い打ちをかける様に
貴婦人
「イタリアンとかも一通りのマナーがあってね。さり気なく席に付くときに椅子とかを引いてあげなくちゃいけないのよ(^^)v」


「知らなかったです。」

貴婦人
「あと、最初のデートなんだから、せめて三万(手が届きそうで届かない実にリアルな金額です。)くらいのワインは入れてあげなくちゃ。」


「あかですか?しろですか?紅白歌合戦も近いし女性にはやっぱ白ですか?」

下品な冗談のわからない貴婦人
「それは、パスタにするかソテーにするかチーズに合うか合わないかで違ってくるわ。このメニューを選んだらどれが、その料理に合うかをお店の人に聞けばいいの!!(^^)v」


「はい。勉強になります。」
謙虚にお礼を言ったのに次なる口撃を仕掛けてくる貴婦人
「そうでしょ?ホントに何も知らないのね。行ったことないの?」
更に謙虚な僕
「はい。お金がないですから、ファミレスのパスタくらいしか食ったことがないもんで、あい、すみません。」
貴婦人
「常識よ。常識。」


「知りませんでした。すみません。勉強になります。」

貴婦人
「でしょ?でしょ?でしょ?でしょ?分からないことがあったらなんでも、この、この、この、わたしに聞いて頂戴!!!」


「明日への希望が持ちにくくなるので結構です。タンポポを立ち上げて慎ましくやっていた頃の方が清貧な感じがして懐かしいしタンポポのうたの歌詞にひとりじゃないよ。仲間がいるよ。希望を持とうね。ってゆうあの理念を大事にしていた感じが懐かしいです。もう、疲れたんで帰って発泡酒で一杯やって寝ます。」

貴婦人
「そうね!それがいいわね!お疲れ様。また、明日ね。」

僕の心
(明日は家でゆっくりします。)





看護と介護と福祉の現場とどうかこの僕に愛とお金をm(__)m


※注 この、会話の半分は僕が脚色したものです。
記事に出てくる貴婦人はホントは親切で優しい方なんですよ(^-^)
[PR]
by nobu77n | 2009-11-28 14:15 | ざれごと

僕にはわかるはずもないけど

昔友達が口にしていた。
SIONの名曲「12号室」を聴いて一時的にではありますが歩けない僕は衝撃を覚えました。
SIONは少しだけ左手がわるいことをカミングアウトしています。ってか、カミングアウトでも、なんでもないな。さらっと笑いながらゆうんだから。

歌詞のあらましはこんな感じ。
「そこに入るわけは、わかっていた
今より良くなるため
そこは動物園だった
みんな変な形をしてた仲間ですよと紹介されたが
こんな奴らと仲間でも友達でもないと一週間話せなかった
みんな嫌いになった
ご飯すらも
その日もベッドの中にうずくまって声を殺していた
誰かが部屋に忍び込み手紙を布団の中に突っ込んだ
手紙には良かったら12号室にいらっしゃいと書いてある

12号室の彼女はほほえんでいた
ベッドに体を起こし
ものすごくきれいだった
泣きたいくらいにきれいだった
少し話をしただけで恥ずかしくてどうしようもなく、そこに来て初めて表に駆け出した。表に出てすぐに彼女の前で走ってしまったことを悔やんだ
彼女と話したその日から、誰かに応えたり、誰かに話し掛けるようになった

やっと慣れ
何人かの友達も出来た頃
「ここにいても君の場合は何もならない」
みんなとは違うといわれた
やっと慣れてきたのに
ここも違うらしい

電車に乗ってもといた教室に戻った
懐かしいはずの顔がよその国の人にみえた

「今日からまた仲間です」と

彼女は美しかった
きれいな髪をしてた
声もやわらかだった
彼女の部屋はいつも花の香がしていた
すごくあたたかだった彼女はすべてを持っていた
















しろく、ながいはずの二本の足を除けば」

僕が然したる理由もなく入院をすすめられるが儘に入院し、良くなるつもりで入院をし、耐えきれない思いをしたときと同じことをSIONはその時の僕の半分の年齢で経験したのだ。
今の僕達みたいにどこにも居場所がないことを痛烈に感じさせられたのだろうか。
究極のボーダーラインを綱渡りしているSIONは今日も新宿の片隅で膝を抱えているのだろうか?


[PR]
by nobu77n | 2009-11-28 14:15 | ざれごと

タンポポは楽しい

先週の木曜日のタンポポの非常勤職員みつことの会話


「入院中に病室でNHKBSを観ることが出来たんです。大リーグやNFLフットボールや本場アメリカのNBAバスケットボールを観ることが出来たんです。うちもBSつなごうかなあ?」

みつこ
「あら〜。それじゃつまんないわよ。あたしはスポーツは観るものじゃなくやるものだと思うの。」


「えっ!?アメフトですよ?」

みつこ
「うん。そう。」


「アメリカンフットボールやラグビーを今から?」

みつこ
「うん。そう。」


「あっ!いや!僕は身体が小さいし第一にアメリカンフットボールのチームは日本になかったんじゃなかったかなあ?」

みつこ
「作ればいいのよ!」

「アメフトのチームを?」

みつこ
「うん。そう。」


「いや、何百億円ってゆうお金が必要だとおもうんですがっ!?なにか!?」

みつこ
「人間本気になれば不可能なことなんてないの。あなたになら出来る!」


「そんなものですかねぇ……」

みつこ
「うん。そう。」

僕の心
(今からバカ高いプロテインをかって飲んで筋肉モコモコになるくらいに身体を鍛えてビールもタバコも辞めて、背が伸びる整形手術を受けて、プロテクターとヘルメットを11人分買って作って人を集めて大借金こさえて、練習用に岡山桃太郎スタジアムを借り切って、そこで、更に大借金こさえて、相手チームを海外からよんでそいでまた大借金こさえて俺に首でもくくれって言っとるんかいな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜もう、これ以上無理なことを言わんといてくれっ!!この前なんか、松葉杖突いてなけなしの金叩いてタクシーで眠れないって言ってる人のところまで行ったんだぞ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!給料が欲しいくらいの頑張りだったんだぜ!!みっ!みつこ〜〜〜〜〜!!!)
[PR]
by nobu77n | 2009-11-27 08:40 | ざれごと

おべべ

いい服を着て町を闊歩したって心が貧しけりゃどうしようもないね。
今のこの腐った産業社会で生きながら何十万円もするバッグやスーツや高級ドレスを身に纏って遠い異国の哀れな現状に心打たれてるなんて本当にバカなんだろうなとつくづく思うね。
[PR]
by nobu77n | 2009-11-27 03:28 | ざれごと

掃除のおばちゃんにイチローを見

入院中に部屋の掃除をしていたおばちゃんが
「サボっていい加減な仕事をしたら次の日はその倍、きれいにせんとおえんようになるんよ。地道な毎日の積み重ねが大事。」

イチローと同じことをゆう。
[PR]
by nobu77n | 2009-11-25 06:25 | ざれごと

ヤッ、ヤバイ!!ヘンな感じ

タンポポの所長やみんな、父親が良くしてくれてるんで気分も体調もよくなってきてる。生命保険を解約したら自分で思っていたよりも多い額が舞い込んだし、一番安いので我慢すればグレッチのギターと300ワット位ので我慢すればマーシャルのアンプ+トランスフォーマーも買えちゃう。
自分からカラオケ代を奢るって言っちゃうのがなんか変?
ビールを買いにコンビニ〓に行こうと思えばタクシーで行っても
松葉杖姿の僕にはみんなが親切にしてくれちゃうし(怪我が治ってもマイマツバヅエを購入しようかと思うくらいに。)
友達んちにゆけばお茶は入れてくれるし、パンやパスタ食べ放題。
ビールをちょくちょく買いにイケない分、発想も便通も健全そのもの。
いつもの自分じゃなくなった?






この調子でどんどんよくなっちゃお〜っと。
[PR]
by nobu77n | 2009-11-23 12:19 | ざれごと

外来にゆこう。

入院中にも今くらいの時間から起きてました。
たばこ〓を吸う者なので救急外来から外に出て皆でタバコを吸ってました。
そこに新聞配達のおじさんがやってくるのですが、夜中に救急外来を受けたものの専門医が居なくて原因がわからず、昼間は体調がいいからと再検査に行かなかったから、お足が無くなってしまった人を知っていると、宣うておられました。






気になることがあれば気軽に専門医にご相談下さいm(__)m
[PR]
by nobu77n | 2009-11-23 03:41 | ざれごと

ふ・し・ぎ

バンドでLiveをやる予定なので忌野清志郎の曲で指慣らししようとしましたが、わかりにくい!!

音楽〓の法則を全く無視して自分の頭に思い浮かんだメロディーに無理矢理なコード進行を当てはめている感じがします。

かまやつひろしや泉谷しげる、桑田佳祐の曲もむちゃくちゃ難しいです。

楽器の教則本や市販のバンドスコア(楽譜)の無い時代に耳だけを頼りに音楽をやってきた連中はスゴい!!

独特なオリジナリティーの持ち主どもだと思う。




[PR]
by nobu77n | 2009-11-20 20:16 | ざれごと


My Life is Like a Trifling Joke
カテゴリ
全体
社会
ざれごと
気分障害
自然
ぼやき
友人
喜び
未分類
自己紹介
23歳の時、神経症と診断とされました。  
現在、気分障害~抑うつ状態
趣味 ひたすらに食うこととひたすらに寝ること
人と接すること   自分の生活を周りの人と共に楽しむこと

以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
Skypeボタン
最新の記事
疲れましたわ。
at 2013-03-05 19:52
悲しいわけすらないけれど。。。
at 2013-02-11 20:02
久しぶり
at 2012-12-14 17:06
疲れた
at 2012-11-20 07:05
職場体験
at 2012-10-25 10:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧